凍結Twitterアカウント「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」は要注意人物

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

個人間融資Twitter

ツイッターで厄介なヤツが増えています。どうも、管理人です。

いや、厄介なヤツというのは個人融資Twitterアカウントのことですね。

個人融資というのはあくどい闇金がTwitterなどを利用し、金融リテラシーが低い方たちに違法な融資を行っているアホどものことですが、厄介でよりあくどいヤツが増えた印象です。

今回、ここでは「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」を紹介します。

英雄(えいゆう)ではなく、ヒデオです。

※2021年1月の時点でアカウント凍結されています。また飛ばしの携帯を見つけて復活する可能性があります。

まともそうで危ない!

ブラックでお金に困っている方たちであれば、個人融資という言葉は必ず知っているはずです。

管理人も生粋のブラック貧乏人の一人ですが、私が若い頃など死ぬほどお金に苦労した時期はまだそこまでネットが活躍していた時代ではなく、今ほど情報に溢れている時代ではありませんでした。

TwitterFacebookなどが流行り出した…という時ですかね。Instagramはありませんでした。

今調べてみると、フェイスブックは2004年・ツイッターは2006年・インスタグラムは2010年にサービス開始だそうです。日本に出てきたのはこれよりも後ですから、私にしてみればまだ最近の話のように思えます。年取りました…。

正直、今の時代に私のような金食い虫ギャンブラークズ人間がお金に困っていたら危なかったな…と個人的には思います。

SNSという悪魔のツールが出来てしまったがために、相手の素性を知ることなく数多くの人たちと絡めるようになってしまいました。

友達や知り合いというのは、信頼できる(コントロールできる)数だけあればいいのに、なぜ世界中でフォロワーを増やす必要があるのでしょうか…?

SNSが無い頃は、とにかく新聞の広告やアンダーグラウンド的な雑誌、エロ雑誌の広告にしか金貸しの広告はありませんでしたから。繁華街の電柱とか公衆便所とかにもありましたね。風俗チラシと共に。

さて、冒頭でもお伝えした通り、個人融資は新たな局面を迎えています。

そうです。ツイッターなどのSNSが今、「個人融資=ヤミ金広告」の主流になっているんです。

個人融資という言葉をアカウントに使わず、あくまで個人がやっている…という雰囲気に仕立てるような作戦を取ってきているわけです。

「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」

そういったあくどい連中の中のひとりが、「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」です。

※この記事は2020年年末に調べていたものなので、今はアカウント凍結で関口英雄はお亡くなりになられました。しかし注意喚起の意味を込めて書いていきます。

この「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」ですが、すごく真っ当な闇金の手法なんですよね。

関口英雄という方は日本中にいますし、検索してもおそらくあまり闇金絡みの情報が出てきません。

そして、おそらくですが担当しているヤツは「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」と全く関係のない中島クンとか、そういった名前の人でしょう。

「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」のアカウントをチェックすると、外人がOKマークを作っているアメコミタッチのアニメ画像。

さらに背景は、国民生活センターの看板ということで「消費者第一主義」を貫いているような雰囲気で構成されています。

これだと…騙されてしまう方は多いかもしれません。意外と私たちが思っている以上にネットの情報を鵜呑みにして騙されてしまう人は多く居るのです。

とはいえ、プロフィール紹介の文面はイカれていました

ツイッターの内容は

「前回僅か一ヶ月で凍結…からの新垢ですOk hand 本当にお金に困っている方へ個人的にお助け致します。信用第一、詐欺や非常識な人は対応しません。先ずはDMにてご相談ください。」

だそうです。

Twitterアカウント凍結と復活の繰り返し闇金

プロフィールに一度凍結されてしまった…と記載するのはいかがなものでしょうか。

闇金モロバレで草…と現代言葉では言うのでしょう。

これ、普通の感覚を持っている方であれば、関口英雄はヤバいことをしてアカウント停止になったと思われますので、営業にならないような気がしますけどね。

とはいえ、とはいえです。

もともと「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」の顧客だった人がいて、円満返済したけどアカウントが消えたために作っているのかもしれません。

意味が分かりにくいですね。つまり元客でも同業者でもいいですが、本物の関口英雄はもうTwitterアカウント辞めているけど、少しでも客を増やしたい同業者が勝手に関口英雄アカウント作ってやっている…と言う事です。

信用第一という言葉を使っていることもあり、そういった意味でも新規顧客が増えてしまっているかもしれません。

コロナ禍の今、消費者はほとんどTwitterなどで情報を仕入れているらしいです。かなり個人融資には人気が集まっていると聞いていますし、本当に現代社会の闇を感じてしまいます。

Twitter個人融資は借りパクに悩まされているのだろうか

そんな「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」ですが、ツイートを見ると確かに以前から付き合いのあった方、よろしく!という文言のつぶやきをしています。

まぁ、予想は当たりましたね。とはいえ、とにかくコイツも悩まされているようです。

嘘を言ってはいけないとか、利用するなら出来ない約束はしないでくださいな…という文面も多く見かけます。

これは個人融資や闇金を擁護するわけではないのですが、多くの個人融資が借りパクをされているようです。

普通の人は借りパクしませんが、いわゆる同業者同士で嫌がらせを行っているという事です。

同業の借りパク客に困っているということはよく耳にします。

まぁ厳しい審査が無い分自業自得ですし、類は友を呼ぶと言いますからね。

英雄 関口 ヒデオ セキグチも、借りパク被害がネックになっているのかもしれません。

個人融資は一般的な金貸し業者ではない…という触れ込みで存在し、需要がある金貸しですからね。

そういった意味では友達感覚&言い値でやれないか?

金利は凄く安くしてくれねーか??

という人が訪れるのは当たり前です。

さらにTwitter同士のやり取りとなると、何となく適当な気分にもなります。

相手が個人だろう…と思って舐めてかかって音信不通でどうにかなると思っている輩もいるのでしょう。それが借りパクする人の特徴でしょうか。

当然、そのような筋を通さな人は擁護はしません。

もしかすると「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」も借りパク被害に苦労していて辞めたかったのかもしれませんね。

無理難題を吹っかけられる前に逃げましょう

なんだかんだ言っても、TwitterなどSNSでお金の貸し借りをするなんて言語道断。借りる方も貸す方も悪いです。

「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」にDMを送り、少し怖くなっている方もいるでしょう。

関口英雄が闇金か闇金で無いのかの判断は難しいところなのですが、身分証明証や勤務先、自宅の住所などを全て晒した後はかなり慎重にやりとしないと行けません。できるだけ個人情報を与えては駄目です。しかしそうしなければお金は借りれません。まさにジレンマ。

でもTwitterの個人融資はマジで全て晒されますから。もしその前だったら即刻逃げてください。

Twitter個人融資アカウントから、客をネットに晒す行為が問題となったりしています。告発サイトもあるようですし、本当にお金を借りる事はとても危険な行為だと肝に銘じてください。

「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」は、警察も弁護士も誰も動くことはありません。まさに架空の人物のようなレベルでやられていますからね。

まず、大切なことは「英雄 関口 ヒデオ セキグチ」など、気になるアカウントがあったら確実に調べて調査すること。絶対に使ってはいけませんよ。

※もちろん今は関口英雄アカウントは凍結されて消えているので、今後似たようなアカウントが出てくるかもしれませんのでお気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました