凍結されたオニヤンマというTwitterアカウントは名簿屋?情報を抜いている!?

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

個人融資オニヤンマ ヤミ金Twitter
個人融資オニヤンマ

こんにちは。コロナ禍で大変な時に、沢山の個人融資Twitterアカウントが発生しました。

12月になり、Twitter社や警察も取り締まりに力を入れ、このような個人融資アカウントはかなり凍結されているようです。

それでもまだ、どんどんゴミアカウントがさまざま生まれ続け、存在しています。

お金を借りたい…、ブラックだからお金を借りたい。仕事が無い…。助けて…。

そういう思いで個人融資に騙されてしまっている…そんな人たちが後を絶ちません。

さて、ここで紹介しているのは個人間融資〇〇といったネーミングでTwitterアカウントを取っている闇金業者が多いのですが、中にはハッシュタグだけ個人融資をくっつけて融資を煽るアカウントが存在しています。

その中でも悪質なヤツを一発見つけました。

それが、「オニヤンマ」です。

個人融資オニヤンマ

個人融資オニヤンマ

こいつには注意ですぞ!

※この記事を書いたのは2020年11月時点でしたが、12月にはTwitterアカウントが凍結されていました。そのまま書き残したいと思います。

個人融資のオニヤンマ?!こいつは一体!?

これは、私が個人的にTwitterを検索した時のお話です。

個人融資のハッシュタグを探していくと、オニヤンマというアカウントにたどり着きました。

オニヤンマというとトンボの名前で知られており、管理人のような田舎育ちの人間にはとても懐かしい響きでもあります。

さて、そんな個人融資のオニヤンマ。

メガネの地味なオッサンがぼやけたピントで写っているサムネイルとなっています。

闇金オニヤンマ

闇金オニヤンマ

まさに、オッサン…という感じなのですが、まぁこういったナチュラル感を出すと個人間融資には有利なのかもしれません。

プロフィールには「個人支援しています」

そしていかにも、スマホになれていない変なオッサンの画像。

という感じでページが作られているところが特徴です。

オニヤンマは闇金業者をリツイート

さて、このオニヤンマ。

2019年からすでにTwitterを利用しており、案外Twitter個人融資にしてはレジェンド感を醸し出しています。

プロフィールもシンプルで、「個人支援してます(無償ではありません)」という形。

まぁ、個人で貸してはやるけれど、それなりに利息はいただきますよ!という感じの一般的な個人融資です。

しかもツイートは金利は安いよとか、固定ツイート見てからラインで問合せくださいとか、新宿で受け渡しお願いしますとか…。まぁ、いろいろと個人間融資を満喫しているようです。

ここまで見ると、闇金に憧れたのか、ひととき融資に憧れたのか、ただスケベなオッサンが趣味でやってる程度のツイートのように思えますよね。

しかし、どことなくおかしいな…と思うことが多々あります。

そのひとつが、同業者のリツイートがメチャクチャ多いことです。

同業者=闇金業者です。

例えばですが、日本酒を売っている人であれば、当然自社販売の日本酒の気になったネタをRetweetするのはいいと思いますが、他店のサービスをRetweetすることはあり得ません。だって商売敵なわけですから。

なんで、他社で買ってくれよな!ということをツイートする必要があるのでしょうか…。

まぁ、そういったことはあり得ないわけですが、このオニヤンマは、ほか個人融資のアカウントをRetweetしまくっているのです。

普通の考えておかしいでしょう?

だって、普通はそういったところは危ないからウチで借りましょう!と書くはずです。

普通じゃないから闇金なんです。

それが、ここの個人融資もおすすめと言っているのですから客商売の基本として、バグっているも甚だしいところです。

つまりは闇金グループ…ってこと。

ツイッター個人融資オニヤンマに正体を暴く!?

さて、そんなTwitter個人融資オニヤンマなのですが、おそらく危険な闇金取引をおこなっている、ゴミであることは言うまでもないでしょう。アカウント凍結喰らってるんですから。

過去のツイートもどこまで本当か分かりませんし、もはや普通ではありません。

個人間融資オニヤンマ

個人間融資オニヤンマ

とはいえ、個人がちゃんとやっているようにも見える…。

どうしたもんかな…と思って探していたら、気になるものを見つけました。

それが、オニヤンマの画像検索で発見したんです。

闇金斡旋業者か名簿屋か情報屋か…?

オニヤンマの画像は前述したように、どこのオッサンやねん!と、大声で叫びたくなるような怪しいうすらハゲのオッサンの画像。

画像を見る限り相当禿げているっぽいですが、わざわざ個人間融資をするのに相手を不安にさせる画像を使う必要があるとは思えません。

さらに気になるのが、あくどい商売をするのにも関わらず顔出しというのもおかしな話でしょう。

もしかしたら闇金系お得意の、適当な人たちの画像を引っ張ってくる作戦かな…と思ってgmailで画像検索をかけてみたのです。

すると、まぁ個人融資オニヤンマが出てきますよね。それはそうです。

しかし、その中のひとつに「高田」という怪しいアカウントが引っかかりました。

Twitterの闇金業者?高田とは!?

※高田もアカウント凍結されていますが、またどんどん新しいアカウントを作って出てくる事でしょう。

オニヤンマの画像よりもおでこが広く写っており、まったくの同一人物であることがわかります。

アクセスしても何も出てこないのですが、検索ページにはそれなりにいろいろと出てくるのでチェック可能。

高田のつぶやきを見てみると…

「融資業者の皆様、お疲れ様です 在庫は常にあります ❗️ 欲しい銘柄が決まっている方は、入荷次第お声掛けする事も可能ですので是非一度ご連絡下さい 平日の午前中に頼まれた場合即日対応も可能ですので、何卒よろしくお願い致し…」

これをオニヤンマや、他の個人融資ツイッターアカウントが沢山、もう数えきれないくらいの個人融資アカウントがリツイートしてるんですよ?!

さて、どうでしょう。おかしいと思わないでしょうか。

闇金高田

闇金高田

銘柄については分かりませんが、もしかしたら闇金専用通帳かもしれませんし、飛ばしの携帯かもしれません。

やはり、個人情報を抜きまくり、融資業者に売っている「名簿屋」なのではないでしょうか。

仮に、オニヤンマが名簿屋をやっているのであれば、各社をRetweetしていた理由はわかります。

購入してくれた業者をRetweetすることを前提に名簿を売っていた…。

さらに新しい顧客が出たら闇金に斡旋する…。

個人融資のツイッターが、ほとんどが同じ闇金グループであり、こういった個人情報を扱うためのアカウントなのではないでしょうか。

ネットニュースにもなっているレベルですからね。間違いないでしょう。

個人間融資ニュース

個人間融資ニュース

とにかくツイッターの個人融資は絶対使わないこと!

個人間融資のオニヤンマ、名簿屋の高田、また沢山の個人融資○○アカウント。

まぁ酷い時代になりました。真実は全くわかりませんよ。しかし、普通にこういったアカウントが闇金グループであることは間違いないでしょう。

絶対にSNS上の人間関係を信じてはなりません。

Twitter個人融資のほぼ全てが嘘であり、ただただあなたを地獄に落としたいだけです。

オニヤンマはもうアカウント凍結されていますが、似たような個人融資は危険です。これからもツイッターが情報ツールである限り、絶対に手を出してはなりません!

タイトルとURLをコピーしました