SNS闇金「ちょっちゅねのパイナップル屋」は使わないで!

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

SNS闇金

こんにちは管理人です。

ツイッターの中で個人間融資を探している方々の中には、できるだけ親近感が湧くところを選ぼう…と思っている人たちがいるようです。

しかし、親近感があろうが無かろうが、全てにおいて個人間融資は闇金オンリー。

闇金が9割、ひととき融資目的のモテない青ひげ危機一髪中年小太りサラリーマンのみです。

ということで、昨年見つけた「ちょっちゅねのパイナップル屋」

Twitter闇金

こういったアカウントも全て詐欺アカです。

絶対に利用しないでください。今回はそんなアホみたいなちょっちゅねのパイナップル個人融資ツイッター闇金を見ていきたいと思います。

※2021年になったら全部アカウント凍結・停止・削除されています。Twitter社は強気ですから今は闇金は消えていますがどんどん復活してくると予想されます。

具志堅さんですよね?

「ちょっちゅねのパイナップル屋」

この名を耳にして、「具志堅さんですよね?」とつぶやいてしまう方は多いはずです。

ちょっとね…を、沖縄弁的な感じでちょっちゅね!という言葉で一世風靡した具志堅さん。

勘違いオバかキャラとして、バラエティで活躍し続けるレジェンドです。

ガッツさんも同様にボクシングをしていた人たちは脳内の神経細胞が破壊されているのか、我々常人は思いつかないサウンドを放ちます。

まぁ、具志堅さんもボクシングのことになる真剣ですし格好いいですからね。

それ以外は、バグってしまうのでしょう。

この「ちょっちゅね」は、沖縄銘菓としてあるようです。

元・気・な・お・や・つ

サンゴのカルシウム入り

は?

って思います。

「ちょっちゅねのパイナップル屋」とは?

さて、「ちょっちゅねのパイナップル屋」について詳しくチェックしていきましょう。

まず、「ちょっちゅねのパイナップル屋」のサムネイルは堂々の具志堅さん。

どこからか拾って来た写真を使っている、久々の著作権侵害系アカウントです。

そして、背景は具志堅さんが監修したのか、人気にあやかったのか、黒糖菓子「ちょっちゅね」というお菓子の画像を利用しています。

まぁ、とにかく具志堅さんにあやかってブラックを引き込もう…という必死さをうかがうことができます。

さて、「ちょっちゅねのパイナップル屋」のプロフには訳が分からない文言が記載されています。

「なんくるないさ〜!美味しいよ! 個人融資さ~はじめてみたさ~ 個人!高額!おまとめ! DMパイナップル〜ってちょうだいな!」

気がとち狂ってしまったかのような文言ですが、とりあえず具志堅さんがやっている個人間融資といった雰囲気は守っているようです。

そこだけは、褒めたいですね。

具志堅さんのつぶやきは?

さて、具志堅さんを著作権侵害しながら闇金を働く「ちょっちゅねのパイナップル屋」。

こういったアカウントは同じようなつぶやきを連発するのが近頃のトレンドですが、「ちょっちゅねのパイナップル屋」は少し違う雰囲気のつぶやきを続けています。

一応、アカウント消される前のつぶやきがキャッシュに残っていたのでご紹介します。

「お疲れ様っちゅ困っているなら連絡するさ~!ちょっちゅ相談すればちょっちゅ融資するさー問題解決サー毎日飲もうよシークヮーサー個人!高額!するよ~気軽にDMちょうだいな~人生なんくるないさー!」

やはり意味不明な部分もありますが、とりあえずこれだけふざけたつぶやきなのに、ハッシュタグはしっかりと個人間融資など入れているので闇金業者であることは鮮明です。

ただ、こういったつぶやきだけであればいいのですが、結局墓穴を掘るように

「ちょっちゅねのパイナップル屋」はやってはいけないことをやってしまっているのです。

闇金の系列を羅列して暴走

個人間融資に定義があるとしたら、「業者ではない、一般の個人がブラックのためにお金を個人間で融資すること」かもしれません。

しかし、冒頭でお伝えしたように現実はほとんどが闇金業者。

個人がにっこにこで知らない金にだらしないブラックに、低金利で優しく数十万円を融資するわけがないのです。

とはいえ、騙される人は騙されます。

個人間融資とすれば、闇金業者であってもしっかりと個人ということをアピールする必要があるのです。

しかし、「ちょっちゅねのパイナップル屋」。

やってしまいましたね…。

ほかの著作権侵害系の闇金業者をRetweetしまくっているのです。

そこに反応し、お前のところに負けないとか、最近のお客さまはお困りですか?といったコミュニケーションであれば百歩譲っていいのですが、ただ無言のRetweet。

貴重な個人間融資の顧客をほかの業者に回す意味はないので、結果的に系列店ということがわかってしまうのです。

個人間融資の盆栽、林の王様、スマイル融資、そしてあの伝説の「ガッツのバナナ屋さん」までもRetweetしているのです。

とくに、ガッツに関しては似たようなやり方ですので、系列どころか同じ方が動かしている可能性はあるでしょう。

ちょっちゅねのパイナップル屋…ガッツのバナナ屋…

闇金グループはもはや何がしたいか分かりません…。

個人間融資は絶対に使わない。見て楽しむもの

とにかく多くは書きません。凍結された闇金アカウントですから。

たぶんこのサイトを見ているのも、闇金グループの人たちだと思います。

ちょっちゅねのパイナップル屋でお金を借りようと思い、検索したらこのサイトにたどり着いた…という方もいるでしょう。

しかし、何度も言うように個人間融資は結果的に闇金です。

もし、どうしても借りたいなら当ブログが紹介している、優良な老舗街金をご利用ください。

ちゃんと話せば、今自分が金銭的に苦しい事情や状況などを分かってもらえるかもしれません。

もちろん借りるべきではありませんし、本来ならば銀行融資や消費者金融、または親や兄弟に相談してお金を借りるべきでしょう。私ならそうして欲しいと思います。

しかしイマドキのTwitterなどに騙され、「ちょっちゅねのパイナップル屋」「ガッツのバナナ屋」など、個人間融資のアカウントは、“闇金がまた暴走してる”と思う程度で閲覧しておくのがよいのです。

ちょっちゅねのパイナップル屋は、見る分にはバカで楽しいですが使ったら地獄。

ヤバいヤツからLineが届き、追い込まれますよ。そして親戚、家族、友人に迷惑が掛かり、あなたが社会的に抹殺される可能性もあります。

こんなTwitterなどSNS社会から逃げてください。現実・現金主義で行きましょう。

絶対に、「ちょっちゅねのパイナップル屋」は使ってはいけませんよ。

タイトルとURLをコピーしました