ネットコメンテーターの意見を気にせずに個人融資を利用する方法

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

個人間融資

語りたがり症候群って知っていますか?

今、語りたがり症候群が増えていると言われています。

もちろん、語るのは悪いことではありませんし、何事も批判的な目で物事を捉えることがジャーナリズムです。

池上彰さんレベルや張本さん(喝!)、津田大介さんなど、第一線で活躍している方はそれが仕事ですので良いのですが、一般人のオヤジやおばさまたちが「正義を振りかざす」という今の世界はどうなのでしょうか?

ここでは、個人間融資に向けられている目もふくめて、それらの話をまとめたいと思います。

皆がコメンテーターになれるネット時代

今の時代はネットが誰でも使えるようになり、実際に人と人との会話をするよりもネットでの会話ばかりになってしまいました。

今実際に熱く語れる人たちは、居酒屋のカウンターで自民党を批判したり、野党のやり方、日本全体の政権運営について批判しているおじさんくらいです。あとは、スポーツでしょうか。フーリガンという言葉があるように、サッカーファンはサッカープレイについて語りたい症候群が多いですが、あれも熱をあげるのは仕方がありません。

自分が応援している=お金を出してグッズや試合を見に行っているからです。

相撲も仕方がありません。あれも、お金を出して見に行っていますし、なんといっても国営放送のNHKが放送権を持っているのですから、私たちのお金で放映され、認知されていることは言うまでもないでしょう。横綱審議委員会のほとんどが力士ではなく、相撲好きの人たちで固まっているところを見ると一目瞭然です。

野球についても、広島カープが1イニングで12失点をした時に、「長野に申し訳ない」となぜかファンが言っているのですから、おめでたいものです。

お前は監督か?スポークスマンか?長野を引っ張ってきたブローカーか?まあ、いいでしょう。広島カープも市民の球団ですし、ファンあってのプロ野球団体ですからね。

ここでの語りたがり問題は、芸能人の振る舞いやら、ユーチューバーとか、街で起こっている普通のことを語りたがる自称コメンテーターが増えていることなのです。

ネットだからこそ言える人が増え、本当に危険な世界になってしまいました。

昔は不倫は死刑だった…

まず、ここ近年大批判されているのが不倫というカテゴリです。

少し古いですがベッキー問題から大きく時代の流れが変わったような気がします。

不倫は当然してはいけません。誰かが必ず不幸になるからです。

昔、江戸時代前ですが、不倫は死罪でした。姦通罪(かんつうざい)と言って、仮に不倫を現行犯で見つけて相手を殺しても、罪に問われることはない時代…恐ろしい時代ですね。

戦後に男女平等の流れで姦通罪は無くなりましたが、現代は形を変え慰謝料が発生したり、やり方によっては犯罪にもなり得ます。しかし、冷静に考えてみれば当人たちの問題です。

なぜ、ネットでいろいろと第三者どころか、顔も見知らぬ人たちが騒いで制裁を加えようとするのでしょうか。

そして、テレビ。毎日のように不倫をあげつらい、それについて、憶測だけで罵声を浴びせるコメンテーターもどきたち。逆にいうと、公共の場でよくあれだけ身もふたもないことを言えるな、と。

これも日本人のDNAに組み込まれた名残なのかもしれません。

そしてドラックで捕まったピエール瀧もそうですが、なぜか石野卓球のツイートをあげつらい、批判するのですからもうお手上げです。今からは沢尻エリカがターゲットになります。

ツイッターのような、居酒屋でべらべら喋っているようなことを拾い上げ、スーツを来た大の大人たちの議論に上がれば、そりゃどんな意見だって叩かれます。

「うちは、猫を厳しくしつけている。餌を与えない日もあるほどである」と言えば、納得できる人はまあいないでしょう。

猫を飼っていない人も怒り、ネットの猫ファンも大炎上に力を入れます。そこまで、なんで自分の意見が正しいと思い込むことができるのでしょうか。

その人の価値観が、世界基準になっているという定義を論文で見せてほしいですね。

自分の正義は自分で決める

話が芸能ニュースに言ってしまったので戻しますが、ツイッターなどで個人間融資を利用するのも、絶対的に批判されます。

さらに、個人間融資の存在すらも強烈な批判の対象であり、使っているということは、“あいつは金にルーズ、裏で悪いヤツと繋がっている、いつどこで悪いことをしているか分からない”など、人格否定までされてしまうことでしょう。

そういったイメージは仕方が無いと思いますが、存在や利用する人たちの生活を正そうとしている、そんな人たちがいることに理解できません。

個人間融資を批判している人たちは、お金に困り消費者金融からお金を借り、ブラックになったことありますか?本当に、お金が無いときはどこからも借りれないのですよ。だからTwitterなどで個人融資を検索する時代になっているのです。

個人間融資の批判、借りる人の批判より前に、大手消費者金融などを含めた日本の金融システムについて批判をし、全体で変えて行く動きを主導した方がよっぽど建設的です。

又は生活保護を無くし、ベーシックインカムを導入する為に尽力するとかですね。

ネット上などでは特に厳しい意見を持っている女性が多いので、自分のクレジットカードでの滞納を棚に上げて個人間融資を批判するヤツが少なくありません。正しいとは何なのでしょうか。そして、不正解とは何なのでしょうか?それは、自分自身が決めるべきことなのではないでしょうか。

批判に気にせず個人間融資は使っていいと思います。

批判に怯えているツイッター住民は少なくありません。不安になれば、ネットをチェックしてより不安が煽られ、自分という存在に自信がなくなっていくことでしょう。しかし、それは杞憂です。一ミリも気にすることはありません。

アナタは、アナタのやり方でお金を借りて、生きていけば良いのです。

そんな時、当サイトで紹介している優良な個人間融資を利用してくれたら、とても嬉しいです。ぜひ、無駄な声を排除していき、自分だけの個人融資を見つけにきてください。

タイトルとURLをコピーしました