カーシェアリングGO2GO(ゴーツーゴー)に学ぶ個人間融資

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

個人間融資

近年、個人の金貸しが人気です。つまり個人間融資ですよね。

Twitterなどでもよく検索されているようですから、時代は完全に「個人」となっていることがよくわかります。

しかし「個人・金貸し」というとダークなイメージがあります。

これは要するに「お金をシェアしている…」と言い換えることができます。

さまざまな犯罪に関わってしまう…というニュースもあり、個人間融資には暗い側面もたくさんあるのですが、それでも上手に利用すれば本当に便利なサービスがあるはずです。

そこで、管理人は新しいサービスを提案したいと思っています。

それは、GO2GO(ゴーツーゴー)というカーシェアサービスを見つけたからです。

車もシェアの時代!

皆さんは車に乗りますか?

管理人は免許更新をしなかったのでまさかの剥奪で乗車することはできませんが、都心でのんびり過ごすことを目的に人生を生きています。

そのため、あまり興味がありません。

というか、この時代に車とは衝撃的にお荷物です。

駐車場代はかかるはガソリン代、維持費など半端ではありません。(東京都心の場合)

とある研究によると、都心で車1台を所有した場合の維持費はタクシーに毎日乗って買い物に行けるレベルなのだそうです。

これって、どう思いますか?

確実にタクシーの方がいいでしょう。

まぁ、地方の方は車が無いと大変ですが普通に都心に住む人、特に無駄な見栄を張らないような良識な人たちには車は必要ないのです。

とはいえ、たまには使いたい時があるでしょう。

大荷物を持ってBBQに行くとか。

管理人は、半端ではない量の酒を飲めるため確実にいつか酒気帯び運転で捕まります。それもあって車は運転しません。

でも、酒無しで普通に楽しめる希有な人もいるようで、そういった方はやはり車が必要です。

GO2GO(ゴーツーゴー)!

今、そんな方たちのためにカーシェアリングサービスが生まれました。

それが

“GO2GO(ゴーツーゴー)”

というものです。

カーシェアリングは今、トレンドになっているようです。

これは、普段車をあまり使わない方と車を使いたいが無いという方をマッチングさせるサービスです。

レンタカーでもなくリースでもない。

個人所有の使っていない車のシェア…

他人に自分の車を貸すなんてとんでもない!

という方も多いでしょうが、それ専用の保険にもしっかりと入れますし、双方にいろいろなサポートが受けられるようです。

最低は3時間。

これも担保されているので安心ですよね。

いいか悪いか、細かな内容はさておき悪いサービスではありません。

このように、車もシェアする時代がスタートしているということなのです。

お金もシェアで!?

さて、こうなるとお金もシェアできるのでは?という話になってきますよね。

お金をたくさん持っているけれど、使い道が無い。

預金口座にお金が眠っている…。

貯金してみたものの、やはり貯金したくない。

貯金で何かビジネスをする…という気にもならない。

投資も嫌だ。

などなど、そんな方は少し金利を手に入れられる個人間融資を行なうのがおすすめです。

お金が無くて困っているという方は、車が無い方と一緒です。

すぐに使いたいから借りるわけであり、それを金を持っている人が融資してあげるという構図は悪いものではないでしょう。

しかし、少しばかり問題も発生します。

個人間融資の詐欺師が横行!

今、ツイッターで個人間融資と検索するとメチャクチャヒットするわけですが、その中には詐欺被害にあった方たちや借主の方にも詐欺があるから注意しろとか、あまり耳に心地よくないサウンドが聞こえてきます。

確かに、企業が絡んでいるわけではない個人取引ですので不安な取引になりそうです。

お金をしっかりと返済しない人も多いようですし、逆に恐ろしい金利で相手を脅してくるとか、体の関係を要求するなどとんでもないことも起こるといわれています。

こうなると、せっかくシェアサービスが盛り上がって来ているのに個人間融資だけは警察たちに目をつけられてしまいます。

個人間融資に仲介者が必要?

さて、先ほどの車のシェアサービスのように個人間融資にも間に入る仲介者がいれば良いのでは、と思っています。

金利とかそういったことではなく、手数料をしっかりと取れば良いのです。

仲介者が金利をゲットするわけで貸主は手数料などを手に入れるだけ。

借主の方はさほど高くない金利を支払えばお金を借りることができる。

こういった構図にしておけば、そこまでトラブルもおきませんし詐欺師も撲滅というか動くことができません。

仲介者が闇金になったら元も子もありませんが、最終的にはちゃんとしたサービスを展開する広告などにより、健全な業者が生き残るはずです。

正直、今のツイッターや掲示板のようなカオスな状態は見て見ぬ振りをできないレベルになっています。

貸金業が冷え込んでいる今、新たなシェアマッチングサービスを作った方が世の中のためになります。

長く続けることを前提に!

正直、貸金のマッチングサービスを作るとなると儲けは少なくなります。

普通に暴利を貪って個人に融資した方が儲かるでしょう。

しかし、そんなことをして逮捕された意味がありませんし、ビジネスとしては長期的な展開が望めないので能無しなビジネスと思われます。

まず、安くてもいいので長く続けることがビジネスの基本でしょう。

少しずつ、そして着実に売上を伸ばしていけばきっと金利なんかでセコセコと儲けるよりもしっかりとした儲けが入ってきます。

バカほど、目先の儲けに目がくらみます。

時代は令和です。個人間融資の未来も少しずつ、読者の皆さんと語っていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました