日本社会の伝統を考える「甲子園」

【※激熱】ブラックでも即日融資可能!

本当にお金を貸してくれる、個人間融資…。そんなもの見つからない!いいえ!あります。ここのお金を貸してくれる個人融資なら、お金に困っていても借りれる可能性があります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

お金貸してくれる個人間融資

⇒マジで本当に貸してくれる個人融資へ行く

 

Twitterで探す本当に貸してくれる個人間融資の究極

とりあえず、今すぐお金を借りる為に申し込みをしてみよう!

お金を借りたいツイッター

ブログ

この夏は本当に暑かったですね。

と言ってもまだ9月…。残暑が厳しい時期です。

気象庁がリアルに、“命の危険””災害級の暑さ”という警告を出したほどですので、もう日本はエアコンが無ければ快適に過ごせる国では無くなっている…と言っても過言ではないでしょう。

皆さん熱中症には十分お気をつけくださいね。

さて、そんな中で個人間融資優良サイトメディア管理人は思ったことがあります。

それは、高校野球はなぜ夏場なのか…ということです。

もちろん、夏休み中だから都合が良いということは間違いないでしょう。

そして1915年から行われている、100年以上続く伝統。

日本人の、“伝統を守らない人間は日本人ではない”というDNAが刻まれていることが良くわかる、そんな話をさせてください。

観客へのテロップに疑問

甲子園で高校生たちが熱戦を繰り広げるのは、別に夏だけではありません。

春もあります。しかし、やはり夏の甲子園がもっとも注目されますし、プロのスカウトもこの時期に活躍する新星たちにギラリと目を傾けています。

今年のように暑過ぎる状況の中で白球を追い続ける彼らを見て、感動している人も多いかと思います。もちろん数々のドラマがあります。

しかし、テレビを見ていて気になった事がありました。

甲子園球場での試合中にテロップで、

「高温注意!熱中症対策を!」

というコピーが常に流れているではありませんか。

本当に注意すべきは、この熱波の中でグラウンドで試合をしている選手たちでしょう。

その選手たちは暑くて死にそうになってもいいけど、見ている方は熱中症に注意してのんびり過ごしましょうよ!というやり口に見え、理解が追いつかないのです。

甲子園はビジネス。日本社会を考える

冒頭でなぜ夏に試合をさせるのか…ということをお伝えしました。

夏休みだからということもあると伝えましたが、やはり伝統ですよね。

今それを壊して考えてみましょう。

そもそも夏の甲子園は、勝ち続けた高校だけが試合ができているわけですから、全国の高校生の夏休みに合わせる必要はないでしょう。

9月平日の特別授業とかにすればいいわけですし、試合日程をお互いの高校で決めて平日にするとか。

そして観客だっていらないのです。ビジネスではないですからね。

それが今や資本主義社会…。完全にビジネスと化しています。

座席の種類/新料金/現行

中央特別指定席/2,800/2,000(自由席)

一・三塁特別自由席 大人/2,000/1,500

一・三塁特別自由席 子ども/800/600

アルプス席/800/600

外野自由席 大人/500/―――

外野自由席 子ども/100/―――

中央特別指定席 通し券/44,800(16日間)/28,000(自由席・14日間)

一・三塁特別自由席 通し券/32,000(16日間)/21,000(14日間)

どうでしょう。昔のプロ野球はこんな感じでしたね。

高校野球がプロ野球のような料金!おかしくないですか。

親御さん、学校関係者とかなら無料で招待でいいでしょう。そして一般客も、良い席など関係なく料金は統一で良いと思っています。

しかし、利権がさまざま甲子園には絡んでいますし、慣習としてそれをアツく応援したいと思っているファンも大勢います。ですから私の料金の意見はナンセンスですね…スミマセン。

あの夏…あの選手の光り輝く投球は!?という感じで、マニアのオジさんたちやオバさん、野球好きの子どもたちや毒親たちによって、ドラマ化してしまっているわけなので、まあお金で規制するしかありませんよね。

確かに感動を与える試合も多いですし、やっている本人たちも、

“この日のために僕は練習をし続けてきた!命をかけて戦います!”

という気持ちでしょう。しかし、慣習を命をかけてまで守って何が残るのでしょうか。

本当に一握りの人だけですし、思い出のために一人や二人が死んだり倒れたり、さらには勉強ができずに野球ばかりしてゴミクズのような人間になってもいいのでしょうか。

ここまで慣習を守らなければいけない、という日本はどうかしています。

じじいやばばあは、“私たちの時代は…”と言うでしょう。

しかし、逆に若い人がスマホなどをいじれないじじいやばばあに対して、

“今の老人はクソw! iPhoneでアプリも落とせない!生きている価値ゼロぉぉ!”

と集団になってネットリンチです。

優しく教える心優しい若者もいますけどね。

世の中おかしくなっていますね。

給料ファクタリングや個人間融資も…

夏も終わりを迎え、話が甲子園になりましたが、ここは個人間融資掲示板などについて情報を伝えているサイトです。

最近は個人間融資掲示板で話題となっているのが

「給料ファクタリング」

です。

この甲子園の伝統は、給料ファクタリングや個人間融資にも通じるところがあります。

一般の人たちは、給料ファクタリングや個人間融資を利用するような人たちはギャンブル好きとかカード地獄に陥っているとか、そういったダメ人間しか使わない…というイメージを持っていると思います。

しかし、それは違います。

確かにこういった人たちもいますが、案外多いのは日本における慣習のためのお金が支払えないため、給料ファクタリングや個人間融資を利用しているという方たちなのです。

ん?どういうこと?甲子園の伝統と、個人間融資?

例えば、年末年始やお盆など実家に家族を連れて行かないと面倒なことになる。

クリスマスプレゼントを購入しないと夫婦仲が悪くなる。

記念日には何かデートをしないと彼女にフラられる。

冠婚葬祭。

車を買わないと男として認められないとか・・・

お金を使わなくてもいいのに使わないといけないムード…色々ありますよね。

その人の人生というよりは、日本の習慣が決めている伝統を行なえないために、給料ファクタリングや個人間融資を利用している方が多いのです。

本来、そんなくだらないものに使う金があったら競輪や競馬、ギャンブルで一撃狙って遊んでいた方がいいでしょう。

誰にも迷惑はかかりませんし、お金が増える可能性だってあります。

大型連休になれば行きたくもない実家に子供を連れてじじいとばばあのご機嫌取りのために違法性の高い給料ファクタリングや個人間融資に足を突っ込まなければならないのでしょうか。こんなくだらない国に誰がした、と管理人は大きな声でいいたいと思っています。まぁ言ってますが。

日本社会を良くするために言っている!

アナタが今、ブラックで困っているとしたら考えてみてください。

そのお金は、伝統と慣習が関連しているのかということを。

もし、そうであったらひとまず伝統と習慣を無視してみてください。

給料ファクタリングや個人間融資など、そういった危険な貸金業者を使ったら身を滅ぼすことは間違いありません。

金から自由になるためには、根本的に慣習などを無視することが重要です。

もちろん素晴らしい伝統や習慣などは地域によって沢山あります。全てを批判しているわけではありません。一部にある無駄なものを減らすだけで、日本社会は凄くいい方向に変化する…そう言いたのです。

だからこそ言います。甲子園の砂は、ただの砂である。

タイトルとURLをコピーしました